クレジットカード カードローン 違い

クレジットカードとカードローンの違いを教えて下さい。

クレジットカード Q&A

クレジットカードとカードローンの違いを教えて下さい。

ノリノリカード

クレジットカードとカードローンは、利用後に利用した金額を利息と合わせて返済する点においては一緒ですが、基本的な用途が全く異なる金融商品です。

 

クレジットカードは商品の購入代金を現金の代わりに支払うために使うカードですが、カードローンのカードは現金の借り入れを行う目的でしか使用することができません。

 

一方、クレジットカードはキャッシング枠を設定できる場合があり、設定することで1枚のカードでショッピングとキャッシングの両方が出来るようになります。しかし、設定可能なのは総利用枠の一部までであり、全ての利用枠をキャッシングにあてることはできません。

 

設定可能なキャッシング枠の上限も100万円程度であり、金融会社によっては500万円まで設定可能なカードローンと比較するとかなり制限されています。

 

また、クレジットカードとカードローンでは契約時に付帯される特典の内容も大きく違います。

 

カードローンの付帯特典は、返済実績に応じた適用利率の引き下げなど、金利の優遇が中心になっていますが、クレジットカードは旅行保険やショッピング保険、ポイントプログラムの利用、提携店舗の買い物代金や利用料金の割引、空港ラウンジの無料利用など、生活や旅行において役に立つものが豊富に揃っています。